聴覚障害者が教育を受けることはとても難しい。健聴者と同じように塾に通っても音が聴こえないため満足のいく教育を受けることができません。そこで京都のオンライン家庭教師、エイドネットさんと一緒に耳の聴こえない聴覚障害者の子供達のために「聴覚障がい生徒向け家庭教師」のプロジェクトを始めました。

エイドネットとは

エイドネットではネット上で教育を受けることができます。画面越しということに違和感を感じる方もいると思いますが、とてもアツい、人間味のある授業を受けることができます。西岡社長の思いがとにかくアツく、「この人になら自分の子供を預けたい」と思えるような方です。

エイドネットの公式サイトは以下をご覧ください。
本気のエイドネット

社長の本気の思い

エイドネットの西岡社長と話していると、本気の思いを感じました。子供(生徒)のためになんでもやってくれそうな方です。
自身でも教室塾経営をされていましたので、教える立場の気持ちもわかっています。
西岡社長にインタビューしましたのでアツすぎる程の思いをご覧ください。

「聴覚障がい生徒向け家庭教師」

オンライン家庭教師のシステムを使い、聴覚障害者向け家庭教師をスタートしています。
講師には大人の聴覚障害者もいます。聴覚障害者として生きてきた彼らは特別な思いを持って教えてくれています。

聴覚障害者の講師たちの思い

聴覚障害者の子供の気持ちは、聴覚障害者が一番わかる。ただ単にそんな考えで始めたプロジェクトではありません。弊社代表の上杉や尾中の両親が聴覚障害者であることは何度か書いてきました。この二人だから考えれることを講師たちと徹底的に話してきました。
講師である彼らも、子供達の未来の為に是非講師になりたいと言ってくれました。

聴覚障害者として生きてきた、人生そのものを教える

聴覚障害者である講師陣には、特にこのことについて教えて欲しいと思っています。
「聴覚障害であるということを武器にする」
講師の葛西や、インターンシップで来ていた宮田は聴覚障害であることが武器になっています。
例えば、葛西は表現力がとてつもなく豊かです。それは自分の考えや思いを伝えることができるからです。健聴者だったら表現するのに声を使うことができますが聴覚障害がある場合は声を使うことができません。その為、言葉以外の表現力がとてつもなく豊かになりました。
また、宮田は健聴者の私たちに混ざって、対等にフットサルをすることができます。彼はデフサッカーの日本代表でした。
このように彼らの生き様自体が、聴覚障害者の子供からすれば夢や希望になります。だから彼らには勉強だけでなく、多くのことを教えて欲しいなと思っています。

まとめ

聴覚障害を持つ子供に対して、満足のいく教育を受けさせることは難しいかもしれませんが、オンライン家庭教師というシステムを使えば、きっと満足できると思います。本気のエイドネットと、本気の講師陣。この本気の人たちと一緒にやりあってほしいなと思います。

聴覚障害者の長所を取り入れた企業研修もご覧ください。
コミュニケーション能力を圧倒的にアップさせる企業研修、「デフコミュニケーション研修」

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です