このプロジェクトについて

民間の力を合わせて輝く日本を創造するためのプロジェクトです。

2011年の東北地方太平洋沖地震を機に、カエタル代表上杉が被災地へボランティアへ行きました。

その際の体験を基に支援をしたいと考えました。

ボランティアでの支援だとどうしても一時的な支援になってしまう。

それでは被災地の方々への支援が足りないのでどうにか継続的に支援する方法を考えた結果、ショッピングモールのJI MALLを立ち上げました。

JI MALLが提案するソーシャルビジネス

  1. 東北の被災企業、被災地が作るものを販売し、購入して頂くことにより、直接支援につなげる。(買って支援)
  2. MADE IN JAPANを適正価格で販売することにより、日本のモノづくり、日本の企業活性につなげ、雇用等(障がい者雇用)を促進する。(地産地消・フェアトレード)
  3. 支援会員を募り、一人でも多くの支援者を作る。(支援会員はソーシャルビジネスにも参加できる)
  4. JI MALLの売り上げを、支援団体・被支援者に役立てる。
  5. JI MALL が利益を得ることにより、継続的な支援にする。

クライアント

自社プロジェクト

制作したもの

  • ホームページ
  • 企画
ホームページを見る